さぁ、辞める準備、始めよう。ワードプレスのパーマリンク設定

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

小田 義洋です。

 

会社を辞める準備は、進んでいますか?

 

辞める時は、円満退職して下さい。

私の言う「円満退職」とは、これです。

 

脅されても、ブレない。

好待遇を持ち出されても、断れる。

将来のお金を、心配しない。

 

具体例を見てみましょう。

 

上司:

「正気か!?お前」

「その年齢で次、どこに就職できると思ってるんだ!?」

「現実を見ろよ」

「お前には奥さんも、まだ小さい子供さんもいるじゃないか!?」

 

私:(心の声)

はぁ?妻も子供もいるからこそ、辞めるんじゃないか!

独身でこの給料だったらまだガマンしながら、だまし騙しいけるわ。

だけどな、妻子持ちでこの給料でどうしろっていうんだ。

オレたち家族に、これ以上何をガマンさせるつもりなんだこいつらは!

今はまだ何とかなってるけど、子どもはどんどん大きくなる。お金もかかるようになる。

今みたいなママゴトの延長でいられるのは子どもが小さいからだ。

べつに、この会社の給料が良いわけじゃないんだ!

こんな会社が上げてくれる給料アップなんてたかが知れてる。

お前こそ現実を見ろ!

 

(そういうことを心の中で思いながら)

 

いえ、心配して頂かなくて結構です。

私はもっと自分を評価してくれる仕事を見つけましたから。

そしてそこには、今までに経験したことないようなやりがいがあるのです。

それを知った私はもう、ここには居れません。

 

という具合です。

 

それに・・・。

あなたは過去に、こんなことを言われたことはありませんか?

 

上司:

「なんだ、お前こんなことも出来ないのか!?

そんなんだったらお前の代わりに派遣入れるわ」

「おい!言っとくけど、代わりはいくらでもいるんだからな!」

 

もしあなたがこんなことを言われたことがあるのでしたら、

そんなことを言う上司が

「普段厳しくしているのは、お前だったら乗り越えられると思っていたからだ。

お前のタメを思えばこそなんだ」

「給料が不満なら、オレが上司に掛け合ってやるから」

「だから早まるな。もう一度よく考えろ。な!?」

と言って引き留めてきても、

辞める決意をした今となっては、ためらいは無いでしょう。

心の中でこう思うはずです。

 

私:(心の声)

あれ?

いるんですよね?代わり・・・。

何をオタオタしてるの?それなのに。

僕が辞めたっていいじゃないですか。代わりを入れて下さいよ。

なんなら、アナタがやってくれてもいいですよ?

仕事デキるんですよね?

あれだけ僕に色々言ってたんだから。

さんざん僕のことバカにしてきたんだから。

まさか自分一人でこなす自信無くて、ひよわってるんじゃないですよね?

どうして僕が辞めたら困るか、知ってますよ?

僕が辞めたら、僕が今やっている仕事が全部、しかも一気にあなたに押し寄せてくるからでしょ?

結局、自分のことだけじゃないか。

 

(そういうことを心の中で思いながら)

 

「お気持ちは大変嬉しいのですが、

もう決めたことですので、辞めさせていただきます」。

 

という具合に言える。

これが本当の円満退職です。

 

脅されても、ブレない。

好待遇を持ち出されても、断れる。

将来のお金を、心配しない。

 

あなたが目指すのは、ここです。

 

では、いきましょう。

 

今回は、ワードプレスのパーマリンク設定方法について解説します。

パーマリンクというのは、

例えば

http://wakeyumeup.biz/jissenkiroku/wordpress/wpinitial-setting/titlecatch/

でしたら、jissenkiroku/wordpress/wpinitial-setting/titlecatch/の部分、

つまりドメインより後の部分のことです。

ここを設定することで、URLを最適化できます。

ではさっそく解説をはじめます。

 

 

パーマリンクの設定

 

設定⇒パーマリンク設定

パーマリンクの設定は、「設定」⇒「パーマリンク設定」から可能です。

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f1

 

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f2

 

 

これから始めるなら、このパーマリンク構造でいきましょう。

あなたがブログをこれから始めるなら、推奨するのは「カスタム構造」にチェックを入れ、

/%postname%-%post_id%とするか、
/%category%/%postname%/とする構造です。

この構造ですと、記事を書くたびに「スラッグ」を変更する必要がありますが、
あなたが記事を書いて分類する時に非常に分かりやすいですし、
後で紹介する長い長いURLより見た目が良く、しかも他の人からリンクをもらいやすくなります。

ではスラッグについて解説しておきます。

 

 

記事ごとのスラッグ変更方法

毎回、記事を書く時に「パーマリンク」の欄(投稿画面の上方)に任意の文字を入力することでスラッグを変更します。

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f3

例えば

http://wakeyumeup.biz/mindset/パーマリンクテス/ というURLは、このままパーマリンクを編集せずに記事を公開すると、

http://wakeyumeup.biz/mindset/%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88/

という表示になってしまいます(あなたの記事でも、記事入力後、「プレビュー」を押して確認してみて下さい)。

ですから

http://wakeyumeup.biz/mindset/パーマリンクテス/

というURLであれば、http://wakeyumeup.biz/mindset/ permalinktest というように英数字に直して下さい。

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f4

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f5

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f6

 

最初は慣れないかも知れませんが、やっていると「あぁ、階層分けみたいなものかな」という感覚になってきます。

そうすれば、しめたものです。

階層に分けたり、分ける階層を新たに作ったり、書いた記事に英語で名前をつけるような感じになって楽しくなってきますよ。

細かい設定が多くてストレスかも知れませんが、

嫌な上司にこき使われるストレスと比べれば、こっちの方がよほど建設的なストレスです。

あなたが稼げるようになるための作業でのストレスですから。

 

 

カテゴリーのスラッグ変更方法

パーマリンク構造を「/%category%/%postname%/」とした場合、
「投稿」⇒「カテゴリー」からカテゴリーを設定します。

そしてその際、日本語で入力したカテゴリーにスラッグを設定することで、カテゴリーも英語表記されるようになります。

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f7

http://wakeyumeup.biz/mindset/パーマリンクテス/ を例にすると、

「mindset」の部分が「カテゴリー」です。

カテゴリーの編集で、「マインドセット」と入力した日本語に対するスラッグの部分に「mindset」と入力しておくことで、記事を書く際には上記のように表記されます。

%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%8f%ef%be%98%ef%be%9d%ef%bd%b8%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e7%94%bb%e5%83%8f8

 

ここで注意。

各記事のパーマリンクを、ブログに初めて掲載した当初のものから変更すると、リンクが全て変わってきます。ですから途中からの変更はしない方が良いです。

 

以上で「パーマリンクの設定」を終わります。

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ