その場で言い返せずに自分を責めても、立ち直れる方法

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^

↓ ↓ ↓



 

小田 義洋です。

 

あなたは、

こんな人 信じられますか?

 

普段どんなに会社内で上手く立ち振る舞うことが出来る人だとしても、

こういう人は土壇場、必ずあなたを踏み台にします。

そんな人に利用されないために、その「ヤな奴」の正体を暴いてみましょう。

 

 

私:

「はい。小田カンパニーです」

・・・

・・・

(電話で用件を聞いている)

・・・

 

私:

「わかりました。少々お待ちください」

 

私:

「Aさん。実は前に僕がやっていた業務のことで

セコ社から電話がかかってるんですけどね、

セコ社は業務担当がAさんに変わったこと知らないみたいなんです。

話を聞いてもらえますか?」

 

 

仕事しない口だけ上司A:

「ん~?いや、だってそれは・・・前に小田君、やってたんでしょ?」

(そこからわざと沈黙。お客さんを待たせてるのに!)

 

私:

「え・・・」

 

仕事しない口だけ上司A:

「・・・」

 

私:

「・・わっかりました。僕いきます・・・。

(ガチャ)あっ、すいませ~ん。ちょっと確認したんですが・・・」

 

 

会社だから言いませんけど~。
言いたいこと山ほどあるんですけど~!

 

何でお前がしないんだ!

 

その仕事の対応、あんたがやれや!

 

以前はオレが担当していた業務や、確かに。

でも今は、あんたがやっている。

だったら、今かかってきた問い合わせの電話には、あんたが出ないと!

なんで(白々しい顔つきで)「ん~?」になるんよ。

 

それってもしかして、

「以前は僕がやってたから僕宛てに電話がきたんですけどね」

の前置きを都合良く解釈してない!? 自分がラクしたいからって。

 

何セコいこと考えてんねん!

 

 

こういう人の心理

 
  • 自分が出来ないことがバレたくない。
  • できるだけ面倒くさいことはやりたくない。
  • それをやって評価が上がるか、ばかり気にしている
    (上がらなければやらない)。
  • 上司には「いい顔」するが、目下の人間のことは雑に扱う。
  • 自分がエラそうにしたい。
 

 

こんな感じで言えたらいいのにな・・・

 

私:

「Aさん。実は前に僕がやっていた業務のことで

セコ社から電話がかかってるんですけどね、

セコ社は業務担当がAさんに変わったこと知らないみたいなんです。

話を聞いてもらえますか?」

 

 

仕事しない口だけ上司A:

「ん~?」

 

私:

「いや『ん~』じゃないんですよ。電話です!」

「この仕事してんの、今はあなたでしょ!
たまたま僕が電話に出ただけです。

ほれ、あんた宛ての電話です。

もしかして、(この仕事)やらないでおこうとしてます?

何セコいこと考えてるんですか」。

 

(自分がラクしたいからって、人のこと踏み台にするなよ!)は、

心の中にとどめておきましょう(笑)。

 

 

間違いなく、あなたの方が仕事デキます。

 

もしあなたが、

こんな人の踏み台にされたり、利用されているなら、

それは間違いなく

あなたの方が仕事デキる証拠です。

 

相手は、

あなたに嫉妬しています。

 

だから、

あなたの「人がいい」のを良いことに、

あなたを利用しているのです。

 

さらに、

あなたを動かしていることに優越感を感じているのです。

 

それがこの「Aさん」の正体です。

 

 

そうは言っても、

普段のサラリーマン生活で

こんな会話をやり続けるのは難しいですよね・・・。

 

「あなたは仕事デキるんだから!」と言われれば悪い気はしませんが、

そんなことより欲しいものがあります。私なら。

 

その場でちゃんと言い返せて、

次から利用されない方が嬉しいし、

ストレスが減ってエネルギー漏れをおこさない。

 

ホントはこれが欲しい。

 

でもそこは思い通りにいかず、

悔しい思いをすることがあります。

 

だけど、です。

 

「相手の優しさにつけ込む」ような人のこと、
どう思いますか?


 

ましてやあなたがそんな人になれるとして、

なりたいですか?

 

 

追伸:

いずれ相手を超えるにしても、今は時間が必要だ。

時間稼ぎのために今は、ガマンする。

 

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^

↓ ↓ ↓



 

 

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ