あなただって、勝っていい。

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

小田 義洋です。

 

今さらですが、嫉妬って恐いですよ?

恋愛でもないのに、

仕事で嫉妬ってどういうことやねん?

って思いますよね。

 

聞いてください。

 

AさんBさん、私。

3人のうち、いつもはAさんBさんの二人が仲良い。

私はほとんどの時、ポツンと一人。

 

でもある日、

仕事で一緒に関わらないといけなかったので

Aさんとのやりとりが増えた。

 

いざ関わってみると、

思いのほか連携が良かった。

 

ちょっと言ったらスグ「響く」し、

 

「あ、それってこういうことよね。オッケーオッケー」

 

「あ、じゃあ僕コレやっときますね。そっちよろしくです」

 

こういう掛け合いがどんどん増えて、
はたから見たらいい感じになった。

まるで前から何回もコンビで仕事することが多かったみたいに。

 

どっちが悪いの?オレ?
連携できて機嫌良く仕事してる、
オレが悪いの?

 

でも、普段Aさんと会話が「密」なのはBさん。

 

「私のAさんを取らないで!」

と言わんばかりに、私にきつく当たってきました。

しかもそれが突然だから、こっちはびっくりする。

 

例えば、

いつもだったら

「小田さん、ビクビク部署のしょんぼりさんから電話です」

って普通に言うのに、

 

私にキツくなっている時は

「小田さん、ビクビク部署のしょんぼりさん!」

 

(しょんぼりさんがどうしてんっ!)

て私からしたら思いますが、

まぁ机の上の電話器の回線ランプがチカチカしてるから

「電話がかかってきたんだろうな」と
気を利かしてあげて電話をとる。

 

その私をBさんが見て

「自分の要求が通った」と思ったのか、

 

それとも

「やり返してやった」と思ったのか、

 

スーッと落ち着いてくるBさん。

 

「自分はひとりじゃない」

「Aさんに放ったらかされてるんじゃない」とわかってくると、

もうさっきまでの悪態はどこへやら。

何事もなかったかのように、元に戻る。

 

 

ややこしいヤツやなぁ・・・(苦笑)

 

これって一種の発作みたいなもんです。

 

たぶん本人は、キレてることに気付いてません(苦笑)。

 

ただ、

「なんやねんお前!」という気持ちはあるように見えます。

 

なぜなら、

私に嫌がらせしてきてますから。

 

してくるってことは、

「(私が嫌がることを)してやろう!」って思わないと

できないでしょ? 嫌がらせなんて。

 

それをしてくるってことは、

私を攻撃する気持ちはあるんです。

 

いい迷惑です(笑)。

 

でもBさんは、私を恐いと思い始めている。

脅威に映っている。Bさんには。私が。

 

あなたも同じことされてるとしたら、

あなたを脅威に感じているということです。相手が。

 

 

嫉妬と恐怖、
二つ同時に発動しちゃいましたね。

 
  • 自分が小さい存在
だと思うんなら自己研鑚しろ!

 
  • 「あの仕事、怠けてる・・・」
後ろめたい何かがあるんだったらその仕事をしろ!

 
  • 「こんな私じゃ見捨てられる・・・」
見捨てられる恐怖を受け入れる努力をしろ!

周りのみんながBさんを見捨てるか見捨てないか、

それはBにはコントロールできない。他人のことだから。

 

でも、

この出来事をきっかけに「Bがどう振る舞うか」は

完全にBさんのコントロール下にある。

100%、Bさんが決めれること。

 

なんだから、

そっちに時間とエネルギーを使えや・・・。

 

八つ当たりしてくることも嫌だけど、

それは「嫌さ」の中では2番目3番目のこと。

 

1番嫌なのは、謝らないこと。

 

Bよ。

お前の余裕の無さのせいで、周りのみんなが迷惑してる。

遠慮してる。

付き合いにくいな、と思ってる。

 

そんなにけむたがられても

部署内で仕事が回ってるのは、

回ってるように「見せてる」だけ。みんなが。

 

その分みんながムリしてて、

気力・体力、げんなり減ってることに気付け。

 

 

 

Bよ。
間違っても、
「自分は正しい。間違ってるのは私以外全員」なんて思うなよ。

 

 

いつも間違ってる人がいるわけじゃないし、

いつも正しい人がいるわけでもない。

 

「○」の人と

「×」の人に

世の中が二分されるわけじゃないんだ。

 

 

同じ人でも、

間違う時もあれば正しい時もある。

 

 

だからみんな、

相手の事情を汲んで

折り合いつけながら仕事してる。

 

 

自分のアタマの中に「思ったこと」が出てきたからって、

それを口いっぱいに全部言ってはダメだ。

 

 

ましてや、

その主張を全部、相手に「呑まそう」としてはいけない。

 

 

もしあなたがその餌食になって、

相手からガンガンガンガン言われて

何も言い返せなくなっているんだったら、

声のボリュームだけでも大きくして、何か言ってください。

 

 

しゃべる言葉はいつもと同じセリフでいいんです。

 

「○○ってことですね、わかりました」

 

でもいいし、

 

「これって、こうすればいいんですよね」

 

でもいい。

 

とにかく普段通りのセリフ。

 

 

ただ!!

 

 

ただ、

昨日までは「○○ですね・・・」

となっていた

「・・・」の部分を「!」に変えるんです。

 

相手への返事で

「は、はぁ・・・」の

「はぁ・・・」を、

「はぁ!」とするだけでいいんです。

 

 

あなたが弱腰な態度を取っていると、

相手は『自分が強者、あなたは弱者』という構図を

勝手に思い込みます。

 

 

その思い込みを消す行為が

「・・・」の部分を「!」に変える行為です。

 

 

これだけで、

十分効果があります。

 

 
  • 今までみたいに理不尽なことを言われにくくなります。
  • 八つ当たりされにくくなります。
 

激減します。

 

 

あなただって、

勝っていい。

 

 

追伸:

あなたの周りには

「思ったこと」を全部吐き出して自分だけがスッキリするような、

自己中心的な人はいますか?

 

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ