理不尽な体験から、自分は本当は何が欲しいのかを見つける。

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓

 

 

小田義洋です。

 

今日も自由へのパスポートを手に入れる方法について書いていきます。

今回狙うスキルは、

「理不尽な体験から、自分は本当は何が欲しいのかを見つける」

です。

 

怒られたらやっぱり嫌だ。

あらかじめ「キツく言うかも知れないけど」と予告されていても、

やっぱり嫌なものは嫌だ。

そんなのでいざ、事が起こった時に「違うだろ、バカ!!」と怒鳴られても

「やったーアイコンタクトできてるっ!」なんて思えない。

私を怒ることで、本当に言いたい相手に間接的に伝えるなんて廻りくどいことやめて欲しい。

 

それって私、生贄やん。

本当に言いたい相手は別に居る。

私に言ってることは、そいつに言いたいこと。

私に言ってる声をそいつに聞かせることで、そいつにも話をわからせようとしている。

そこで、そいつなりに『あ、それ自分もだ。改めないと』と思わせたくて、

私を怒ってる。

そいつに直接言うと、カドが立つから。

もしくは、

不要な言い争いを引き起こす可能性があるから。

そうやって考えたあげく導き出したのが、『私を生贄にする』という方法。

だから私には当てはまらない失敗事例のことで、私が怒られてる。

変じゃない?

上手くできてると思ってるのは怒ってる本人だけで、

やられてる私はな~んにも面白くない。

むしろ不愉快。

こういうのも、『理不尽』の一つです。

本当はそれ、相手が乗り越えるべき課題なんです。

あなたは何も悪くありません。

 

 

とはいえ、このままいけば噛ませ犬。

 

とはいえ、

このままいけばあなたは人のために搾取されます。

 

「そいつ」の思惑、身の保身、波風立たないようにするための緩衝材・・・。

言い方は色々ありますが、とにかく使い捨てのように使われます。

人格否定とまでは言いませんが、およそあなたの意見なんて、誰も聞いてくれていない状態です。今。

 

そしてこれからも、この構図は続きます。

 

なぜなら、相手は私たちを利用したいからです。

相手の思惑・予定のために、私たちに悪者の役目を押し付けようとしているのです。

押しつけるためには、あなたを怒らないといけない。

だから『ちょっと』のことで必要以上に言われるのです。私たちの場合。

 

 

今こそ立ちあがる時・・・!!

 
  • あなたの真の欲求に目覚めて下さい。
  • 不満を自分の「タメ」に役立てて下さい
  • 闘って下さい。
  • 勝って下さい。
 

私たちの今の人生は、私たちが選択した。

そうなるべくして、なっています。

 

ということは、

あなたが新しい人生を願う場合、その人生に居て遜色ない力量をつけることが重要になってきます。

 
  • 私の欲しいものはコレなのか?
  • そもそも私は何がしたくて、ここに居るのだろう?
  • こんなものが人生か!?
  • 他ので代用できないか?
  • こんなことなら、もっと出来たんじゃないだろうか?
 

理不尽な環境、逃げ出したい環境であればあるほど、

上記の問いが出てきます。何度も出てきます。

そしてその問いに答えることができるようになった時、

あなたは理不尽な出来事が宝の山のように感じます。

 

なぜなら、

理不尽な環境、逃げ出したい環境は、私たちに思い出させてくれるからです。

 

たくさん時間があると思うから、いつでも出来ると思うから、

結局何も進まない。カタチにならない。

 

しかし、

逆境で出た問いに答えられるようになった時、

あなたは理不尽をも、味方につけたことになります。

『理不尽が私たちを強靭にする』と。

 

ゲームで言えば、普段の敵より経験値が高いので、理不尽は嫌だけれども、

ここで経験値をたくさん得て、レベルアップするためなら、これもまた良し。

 

そういう心境になれば、

理不尽は無くならないけど、理不尽があった方が有利だ、という気持ちになります。

 

「ここではない」と思ってる場所を経験することで居るべき場所に到達するのなら、

「ここではない」と思っている場所もまた、『居るべき場所』だったのだ。

 

そういうことも少しは考えてみて下さい。

 

追伸:
やらずに後悔するのなら、やって失敗したい。

 

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓

 

 

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ