ラクして儲かる話で本当に儲かるのは、それを紹介した人だけ。




読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓





誰しも、「お金が欲しい」と思っています。

だから一生懸命、仕事します。

勉強も怠りません。

お金のために勉強しようと思って、何か教材を買おうとしています。

教材売り場には、本棚いっぱいに知恵と知識の宝庫が並んでいます。

そしてあなたは「よし!」と思い、1冊の本を手に取る。

 

しかし現実は、

「儲かるなら」と思ってその商品を買った人は儲からない。販売者を儲けさせただけ。

なのです。

 

「なぜ儲からないのか」。

この理由が、あなたの感情面にあるとしたら、

あなたは感情面の問題を解決したいと思いませんか?

 

仕事をしていて本当の問題になってくるのって、感情の問題、もっと言えば感情処理です。

そしてどんな感情かと言えば、人間関係の不和からくる感情、この処理を上手くできないことで社内に居場所が無くなり、会社を辞めていくケースがあります。

サラリーマン人生では特に本音を言うのが特に難しい。理由は、お金を会社に依存しているから。

人間関係が難しくなるのはこの「会社に依存していること」が理由です。

つまり「会社への依存」が、本当の問題なのです。

 

この問題に絶えず悩まされ、緊張させられ、ビクビクするのが嫌だからという理由で、あなたは独立を決意したとしましょう。

独立して、ビジネスをやると決意したとしましょう。

 

この時、どんなビジネスなら今すぐにでもスタートできると思いますか?

 

仮に今すぐスタートできるビジネスが見つかったとして、

準備にいくらかかると思いますか?

あなたの銀行残高、今いくらですか?

 

小田義洋です。

 

今日も自由へのパスポートを手に入れる方法について書いていきます。

今回は、「あなたの問題を解決する手段を見つける」がテーマです

 

 

成功するには、リアルかネットか。

 

さて、さきほど話したビジネスの「準備」ですが、

前提から見直していきましょう。

どんなビジネスをやるのかによって、必要な準備が変わってくるからです。

変わってくるということは、準備に必要な時間とお金も変わってきます。

ここ、重要ですね。

時間とお金が変わってくることによって、あなたにそれが出来るか出来ないかが決まってきますから。

 

では話を進めます。

 

あなたは「独立してビジネス」と聞いて、飲食店など実際にお店を出して商売をすることを考えたかも知れません。他にも、弁護士事務所などのようにオフィスビルの1室を借りて事務関係のサービスを提供する会社を設立することを考えたかも知れません。

 

これらに共通する前提は、「実際に、目に見える店、会社を出す」ということです。

 

しかし私なら、ネットビジネスをお勧めします。

 

ネットビジネス?

何それ、大丈夫なの?

 

あなたはそう思ったかも知れません。

 

ですので、ネットビジネスについて詳しくお話しようと思いますがその前に、「実際に、目に見える店、会社を出す」という手段についてふれておきます。

ネットビジネスに対する言い方として、ここでは「リアルビジネス」と呼ぶことにします。

私の知人に保育園ビジネスをやっていた人がいますので、これをリアルビジネスの例としてお話します。

 

まずは営業権を買うのにお金が必要だと言っていました。

そこは、大元の保育園の看板を借りて、自分の好きな立地に店舗を出すスタイルでしたので、毎月、売上の○%という割合で、ロイヤリティーなるものが発生するビジネスモデルでした。

手付金や一時金など、初期費用がウン十万とかかりました。

 

次に出店です。

好きな所に店を構えて良いと言っても、お客がいなければ儲かりません。

ですから、周辺の人口、子どもの数、ライバル企業の有無、交通量など・・・。そこに店を出して利益が出るのかということをリサーチ会社に依頼したそうです。ここでもウン十万円の出費が。

また、リアルビジネスはその名の通り「リアル」ですから、箱モノを現実世界に用意していくわけです。工事をしている途中に「あっ、間違えた」とか、「やろうと思ってたけど、やっぱやーめた」ということができません。引っ込みつかない、というやつです。

ですから事前の入念に入念を重ねた準備をするのだそうです。

準備ということは、それだけ人も使います。人が動いたらお金を払わなければいけません。

というわけで、まだ1円の利益どころか売上も立たないうちから、初期の準備費用だけで100万円近くも出費したそうです。

 

さらに!(笑)

 

リアルな店舗の場合、まず「そこにお店がある」と認知してもらうのに時間がかかります。あなたも経験があるかも知れませんが、「あぁ、あそこにラーメン屋ができたな」くらいは思うかも知れませんが、思うのはラーメン屋の前を通った時くらいです。

本当にラーメンが食べたくなった時、つまり必要になった時に他のラーメン屋を思い出すことなく(ライバルに差をつけて)、ピンポイントで新しくオープンしたラーメン屋を思い出すか、ということです。

ビラを配るのは、より多くの人に知ってもらうという目的もそうですが、一刻も早く店の存在を知ってもらう、という目的もあるのです。また、ビラはいちど配ったら「配り続ける」ことも大事です。なぜなら、ずっと言い続けていないと、人は忘れてしまうからです。

だからみんな、広告費にお金を使うのです。

じゃあ今回、知人がやっていた保育園。そのビラの制作費用は?もちろん有料です。

1枚10円から制作してもらえるといっても、カラーにしたり、細かい注文をつけていくうちに、3カ月分の制作を注文しただけで10万円くらいしたそうです。

 

そうなってくると、店の生殺与奪を握っているのはやはり、銀行ですね。

独立した年齢が若かったので、貯金は初期の準備費用でほとんど消えていったとのことでした。でも100万円でも凄いですよね。貯金しようと思ったら。

リアルビジネスの場合、それくらいのお金は「吹けば飛ぶような金額」のようです。

経営計画をはじめ、他にも諸々の書類を提出し、なんとか無事に通過して融資にOKが出たそうです。

 

そうやって難儀して、やっとのことでオープンにこぎつけました。

1ヶ月目からいきなり、というか予想通り、自転車操業になったそうです。

いや、お客は以外にも1ヶ月目から来たそうなんですよ。

そして店の前を通る子連れの主婦なんかがチラチラと園の中を覗いたりして、興味は持ってくれたそうです。

 

しかし・・・。

 

勘のいいあなたなら気付いたかも知れませんが、そう。固定費です。

店側に利益があっても無くても、保育園がテナントである以上、家賃が発生します。従業員やアルバイトのお給料も払っていかないといけません。

光熱費もあります。

お客の単価が低いと、固定費が売上を上回り、あっさり自転車操業になったそうです。

 

そういうことですから、利益が出るまでは銀行からの融資が生命線です。銀行の経営方針が変わって貸し渋りなんかが出た時には目も当てられません。

しかし・・・。

 

ウソのようなホントの話があったのです。あってしまったのです!

予め銀行と何カ月も前から融資の話が決まっていたのに、融資を受ける1ヶ月ほど前になってから、「会社の方針で、あなたのところには貸せなくなった」というのです。

これが決定打となったそうです。

融資を当てにしていたその知人にとって、これは死刑宣告みたいなものに感じたそうです。

あれよあれよと言う間に転がり落ちて、気がつけば倒産し、後に残ったのは借金だけになったそうです。

店のオープンから廃業まで、わずか6カ月です。

たったの6カ月で、今まで苦心して貯めたお金を失ったどころか、負債まで背負ってしまったのです。ゾッとしませんか?

 

 

これに対して、私がネットビジネスを勧める理由は・・・

 

場所を選ばない。

パソコンとインターネット環境があればスタートできる。

無料で使えるサービスがたくさんある。

余計な人間関係からオサラバできて、1人で稼ぐことができるようになる。

 

という、

普段あなたが満員電車に身体をぎゅうぎゅうに詰め込まれて、会社に着いたら着いたで人間関係にギクシャク、ピリピリしたり、「今日はどんな理不尽があるのだろう・・・」と恐れている生活ではまず経験できない日々を送ることができるからなのです。

 

そうは言うけど、話が上手すぎない?

 

あなたはここまでで、「ネットビジネスをやればいいことはわかった」というふうになったとしましょう。

 

そうは言うけど、

でもまだ疑問は残ります。

 

「ネットビジネスって言うけど、どんなものがあるの?」

「じゃあ、ネットビジネスなら何でも良いの?」

 

という2つの疑問が。

株とかの選択肢を潰す。ための具体例

 

見ていきましょう。

ネットビジネスと一口に言っても

 
  • FX
  • 転売
  • アフィリエイト
 

などがあります。

そしてこの中でも、私が特にお勧めするのが「アフィリエイト」です。

 

アフィリエイト以外の方法だと、

場所を選ばない。

パソコンとインターネット環境があればスタートできる。

無料で使えるサービスがたくさんある。

余計な人間関係からオサラバできて、1人で稼ぐことができるようになる。

 

ここまでは良いのですが、

 
  • 自分の実力で稼ぐことができる。
  • 円高・ドル安、株価に影響を受けない。
  • 差額で稼ぐような、運に翻弄される要素がほとんど無い。
  • あなたが売りたい商品で利益を出すことができる。
  • あなたがやればやるほど、稼げるようになる。
 

これらがありません。アフィリエイト以外の方法だと。

 

例えば

「円高・ドル安、株価に影響を受けない」

から連想されるのは当然、「株」ですよね?

 

これなんかは典型的な「賭け事」です。

これらは、全てを自分でコントロールすることができません。

つまり、自分の実力じゃない。

ラクして儲けようというのはダメです。

ダメというのは、「長続きしない」という意味です。

 

株は、

いつもいそいそ、ハラハラしながら

状況を見ておかないといけない。

 

あなたがサラリーマンだったら、

株価が上がったり下がったりするたびに、

トイレに行って決済手続きをしたり、

株を追加注文したりと

利益計算に余念がない。

 

でもそれって、そんなんでいいの?

 

なんかすっごい、振り回されていますよね。状況に。

この弊害って、色々あります。

 

例えば、

事あるごとにトイレに行かないといけないでしょ?

だってオフィス内で堂々と追加注文や決済注文を

やるわけにいかないんだから!

ましてや会社のパソコンを使って実行するなんて非常識ですからね。

だからトイレに行って、コソっとやるわけだけど、

そんなことをしょっちゅうやってたら、

しまいに周りの人も気付きますよ。

「あいつ最近変だな」となりますよ?

 

 

はい、

 

「あなたの本業に、社会人として支障が出る」

 

という弊害です。

 

 

他には・・・

 

株をやっていると、

株価が下がるだろうと思って空売りの注文をしたら株価は上がり、

株価が上がるだろうと思って買建の注文をしたら株価は下がり、

「誰かオレのこと見てるの!?」と言いたくなりますよね。

 

で、「これ以上損するわけにはいかない」と、

英断のつもりで決済すると、逆の結果になる。

 

つまり、

「あのまま持っときゃ良かった」となる。

 

もんの凄い腹立たしいですよね。

そういう意味で、

「自分が全てをコントロールできるわけではない」

と書いたんです。

 

でもこれは2位。

腹立たしいランキングの2位です。

 

 

1位は、

「買おうかな、どうしようかな」と迷って

決断を先延ばしにした2~3日の間に

株価がボーン!と上がって、

「もし100株でも買ってたら1万円は純利益で出てたのに!」

というパターン。これが1位です。

 

自分の直感はやっぱり当たってたのに、

自分の直感は凄かったのに、

自分の直感を信じてあげれば良い結果になってたのに、

自分を信じられなかったばっかりに、

損する不安に負けたばっかりに

みすみす利益を逃した。

これが一番悔しいし、許せない。

 

その後ずっと、

「あの時に買っていれば・・・」

「さっき直感を感じた時にその通りにしていれば・・・」と、

ぐるぐるグルグル、過ぎ去ってコントロールできないことを考え、

せめて頭の中だけでも、状況をいじくろうとするのです。

 

 

仕事中にこんなに感情面が不安定になっていたら

仕事なんて手につきませんよね。

 

もしあなたが株なんてやっていなかったら、

普段なら何でもなくこなせていたような仕事でも、

余計なことを考えて仕事に集中できなくなって、

これだけ不安定になることによって

ミスする可能性が出てくるわけです。

 

 

これは、

 

「あなたの本業に、仕事の実績面で支障が出る」

 

という弊害です。

 

 

こういうデメリットを含めて冷静に考えると、

結局、そんな思ったほどトントン拍子に利益は出ない

っていうことですよね。

 

 

「あなた」の感情が、経験が、あなたを稼がせるのです。

 

ね、ダメでしょう?

あなたは、

「稼げる場所はどこですか?」と聞く人(仮にAさん)ではなく、

「稼ぎ方を教えて下さい」と聞く人(仮にBさん)にならないといけません。

 

なぜなら、時の風化に耐え得る、確固たるものを

手に入れることが必要なことにBさんは気付いているからです。

 

「今さえよければ良い」という

その場しのぎの生き方と、ちゃんと決別できているからです。

 

時代が変わり、流行が変わり、

「善し」とされるものが変わり、

価値があると見なされるものが変わるなかで、

本質的な部分を押さえておかないといけない。

そうしないと、後から大変なことになる。

そういうことをわかっているのがBさんです。

 

一刻も早く、

「稼ぎ方を教えて下さい」と聞けるBさんにならないといけない。

 

そうしないと、

世の中の急激な変化に対応できないかも知れません。

 

Bさんになるために、

あなたが取り組むべきは『アフィリエイト』なのです。

 

 

アフィリエイトは、最初は努力を必要とします。勉強も必要です。

「教材を買っただけで次の日から100万円稼げます」みたいなジャンルではありません。

そんなジャンル、私も聞いたことないですが(笑)。

 

ただ、最初に仕組みを作っておけば、後はほったらかしでも稼げます。

これがアフィリエイトの素晴らしいところです。

 

そういうわけで、

リアルビジネスはもちろん、運に左右される株、FXで生きていこうとするのはダメです。

 

それで一生稼ぎ続けることが出来るわけですから、

仕組みが出来てしまえば、あとは自動で売れるんですから、

是非、アフィリエイトを「一生かけて実践する価値のあるもの」にしてみませんか?

 

追伸:

アフィリエイトについては別の機会で話しますので楽しみにしていて下さい。





読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓




記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ