「○○して」って、ハッキリ言ってこいよ。

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓

 

 

小田義洋です。

 

今日も自由へのパスポートを手に入れる方法について書いていきます。

今回狙うスキルは、

「相手の発言、その動機を見抜く」

です。

 

こんな人(仮にAさん)、私たちの周りにいませんか?

  • 自分の欲しいものを、自分で動かずに誰かに持ってこさせる人、Aさん。
  • 自分のして欲しいことを、自分で動かずに誰かにさせる人、Aさん。
  • そうさせるように、こっちに『言わせる』んです。
  • それでいて、「私そんなこと頼んでないケド??」という素振りをしたり、
  • ひどい場合だとそれを口に出して言う。
 

そんなAさんがいませんか?

 

例えばこういうことです。

 

Aさん:

「寒っ!」を事務所内で連発して、

 

私:

「エアコンの温度上げましょうか?」と聞くと、

 

Aさん:

「そ~ぉ?じゃあお願い」と言って上げさせる。

 

そして挙句の果てには、

 

誰か別の人(Bさん)が

「なんか暑いなぁ。誰かエアコンの温度上げたか?」と言うと、

 

Aさん:

「それ、小田さんがさっき温度上げてましたぁ」

って言う。

 

えぇっ!?

って思いませんか?

 

自分が私にそう言わせるように仕向けておいて、

なんか雲行きが怪しくなったら手のひら返して「私知らないもん」「私じゃないもん」と逃げる人。

 

そういう人の言うことなんて、誰も聞きたくないですよね。

誰がこの人のために動いてやるもんか!って思いますよね。

 

 

でも私たちはサラリーマン。

 

好きな人とだけつき合っていくわけにはいきません。

時には嫌な人、性格が合わない人とも付き合っていかなくてはいけません。

『時には』と言いましたが、嫌な人と付き合っていかなければならないケースの方が、むしろ多い。

 

 

 

それ、お客様の要求を満たす実験対象にしちゃいましょう。

 

 
  • 人は相手より勝ちたい。
  • 相手より勝ってることを確認したい。
  • 相手を蹴落としたい。
  • 相手を笑いたい。
  • 相手をけなしたい。
  • 自分が出来てるってことを確認したい。
  • 相手を批判することで、
    自分の方が優位であることを確かめたい。
 

 

相手がそう言っているのが『聞こえれば』、私たちが次に打つ手はおのずと決まってきます。

しかしこの『聞くチカラ』は、ただ漫然と、何もせずに過ごしているだけでは身につきません。

 

『その人の動機は何かな?』と自分に問いかけながら、相手の話を聞いてみましょう。

 

大事なのは、相手の口から出てきた言葉そのものよりも、

その言葉を言わせている『動機』、これが大事です。

 

裏腹とかツンデレとか言いますが、

そういうのもこの『動機』がわかれば、その発言が裏腹なのか、ツンデレなのかも

わかってくるようになります。

 

 

いったんわかったら、もうこっちのもんです。

 

いったん相手の動機をつかむ力を身に付けたなら、こっちのもんです。

なぜなら、相手に合わせた適切な返事、動きができるようになるからです。

そしてその『相手に合わせた適切な返事、動き』というのが、

世の中一般でいう『顧客満足』なのです。

 

『相手に合わせた適切な返事、動き』=『顧客満足』 なのです。

そして『顧客満足』が、私たちのお金を生み出します。

 

相手が欲しい時に、欲しいものをあげることができれば、

私たちがネットでビジネスをした時、
相手の要求を満足させる回数が増えてきますので、


それが売上につながるというわけです。

 

そうです。

リアルでもネットでも、お金を稼ぐ原理・原則は同じです。

相手が『この人にならお金を払ってもいいかな』

『どうせ払うなら、この人から買いたいな』と思う、

その『思い方』は、リアルでもネットでも同じなのです。

 

ですから今回のお話に出て来た『エアコンのAさん』には、

 

私:

「あっ、気がつかずにすみません。温度、上げますね」

と言えれば「可」。

 

「僕もちょうど寒いなって思ってたんですよ。
(相手にわざわざ聞かずに温度を上げる)」

と、『僕もあなたと同じですよ』ということを伝えたうえで、
相手に恩着せがましくないようにする。

 

これができれば「優」です。

 

 

追伸:
もっと突き抜けるために、相手が言ったことをやるだけじゃなく、
相手がそう言った動機を汲み取って行動しましょう。

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ