こんなメンバー、一緒に働いてて恥ずかしい・・・。「こんなメンバー」がひた隠しにする秘密とは?

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

小田 義洋です。

 

あなたは、

自分の領域(パーソナルスペース)が

誰かの好きなように動かされていたら、どう思いますか?

 

私はかなり、不快です。

 

イラつくし、

「オレの扱い、雑やなぁ!」と、

心の中で怒ります。

 

平静を保つのに、かなりのエネルギーを使います。

 

こういう、

仕事でもない事にエネルギーを吸い取られるのは

すごい損した気持ちになりますし、

 

「オレの扱いって、この程度なんや・・・」。

 

と、泣きそうになります。

 

 

「おはようございます」って事務所に入ったら、

 

A男とB男が何かやってる。

 

自分の席に着こうと思ったら、机の上の書類が動かされていて、

キャスター付きの引き出しも定位置じゃない所にある。

とても座れる状態じゃない。

 

何してんのかと見ると、

キャスター付きの引き出しの奥にある

電話線やLAN線をいじってる。

 

どうやら、

パソコンに弱いB男がA男に配線を頼んだようだ。

 

その配線をいじるには

私の席の奥をさわる必要があったみたいで、

ちょうど私が出社して来てないこともあり、

私の席周辺の備品を動かして配線をいじってたみたいだ。

 

 

それは別にいいんです。

 

でもね。

作業が終わった後、

ちらかった私の机と、動かした引き出しは「知らん顔」。

 

B男は自分が機械に弱いって自覚あるからか、

こっちに来て触ろうともしない。機械を。

「ふぅ~、よっしゃ!」とか言って達成感すら覚えてる。

私の備品を動かしたことなんてすっかり忘れてる。

 

というか、

「わざと忘れたフリしてる!?」とか思ってしまいます。

ややこしい後片付けをしたくないからって。

 

確かにB男は使ったら使いっ放し。

出したら出しっ放しで、コイツが使った後の備品は

大抵どこかが汚れてたり、乱雑に置かれたりして、

使う前の位置に物が戻ってることが少ない。

 

でもな。

お前、それが自分の物だったら

そんな乱雑に扱うか?

 

動かした物、放ったらかしにしとくか?

 

 

お前それ、ちゃんと元に戻せよ!

 

今回お前らが好きなように動かしたのは、

お前らの物じゃなくて、オレの物やねん。

 

お前らが仕事やりやすいようにしたいからって、

オレの備品を動かしたんやろ!

 

じゃあ、元の位置に戻せよ!

 

何でオレが自分で戻さなアカンねん!

 

 

しかもA男にいたっては、

配線作業が終わった後、自分の席で飯食ってる!

 

 

・・・はぁ!?

 

お前それ、人としてどうやねん!?

 

なんか自分はでっかいコトやり遂げたみたいな

エラそうな顔して!

 

B男の機嫌とったらそれで終わりじゃないんやぞ!

 

オレは? オ・レ!

 

配線を変にしたわけでもないし、

会社で決められたように配置して、キレイに使ってたやん!

 

そのオレが何でこんな扱いされないとアカンの!?

 
  • 仕事を丁寧にして、
  • 言葉使いにも気をつけて、
  • 謙虚に振る舞ってたって、
何かあったら結局オレは後回しかい!

 

どうでも良い扱いを受けるんかい!

 

しかもそれを

黙って見過ごさないとアカンのかい!

 

こういうので、
自分の順位ってわかってしまいますよね・・・。

 

 

これ、何が起こっているのかわかりますか?

 

嫉妬です。

 

こういうカタチででも、嫉妬は表現されるんです。

 

普段の私の言動や振る舞いに、

「あいつ(=私)はオレに無いものを持っている」

という「何か」を感じているんでしょうね・・・。

 

だから、

こんな時でもないと、

普段抱えた劣等感の仕返しができないわけです。A男は。

 

配線作業をやる時はまだ、私、
出社してきてないって書いたでしょう?

それ、A男にとってはチャンスだったんです。

 

日頃の劣等感を巻き返して

自分が優越感を感じれるチャンスだったんです。

 

 

あなたがもし、

同じような目に遭ったことがあるのでしたら、

こう思ってください。

 

 

『相手はオレに嫉妬している。

 

そして嫉妬はいつでもどこでも、突然起こる。

 

嫉妬は

相手が自分の心の課題をクリアしないかぎり、何度もやってくる。

 

だから嫉妬は相手の問題。

あなたが引き受けることじゃない。

ましてや、あなたが変なワケでもない』。

 

嫉妬されたら、

「オレは成功しているんだ」と思いましょう。

 

 

とは言え、です。

 

そうたびたび嫉妬されて、

気持ちが滅入ってダメージを受けるのは

精神衛生上、良くありません。

 

どうして努力しているコッチが

人間的に未成熟なアイツにガマンしないといけないんだ?

 

やられっぱなしを見て見ぬフリし、

やられ続けないといけないんだ!?

 

こういう怒りが溜まってくると、

突然一気に爆発して、人間関係をはじめ、

色んなものを一瞬にして壊してしまいます。

 

 

だから、

「ちょこちょこ」でいいんです。

 

ちょこちょこでいいから、

「動かしたの、元に戻してください」

とか、

「これ、僕がやるのはおかしいと思います」

など、

ごく当たり前のことを、「素」の声でぼそっと、

言ってみてください。

 

声のボリュームじゃないんです。

 

言い切りのカタチで、

相手の目を見て言えれば上出来です。

 

やってみてください。

 

相手は「言葉」じゃなくて、

勢いとか「自信ありげ」とか、

そういう「雰囲気」のようなものを感じて

あなたとコミュニケーションしています。

 

言うこと聞いてくれるか、

いい加減に扱われるかは

パワーバランスで決まります。

 

そのパワーバランスは、

目に見えない、耳では聞こえないものによって

決まっているのです。

 

 

今回のことを通して、

オレがどう見られているのか、

どう扱われてるのか、

 

改めてよーわかったわ。

 

 

・・・自分が同じコトされても、怒るなよ?

 

 

追伸:

あなたが今までにされた「嫉妬」には

どんなものがありましたか?

 

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ