次から次から仕事をさせてくるから、怒って言い返した件

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

小田 義洋です。

 

Aさんが、朝からあまりにも忙しくしていました。

 

人の話を聞いても、

頭に入ってるのか入ってないのかわからないぐらいテンパってて、

「あ、こりゃヤバいな」と思ったので

仕事を手伝ってあげることにしました。

 

専門的なところはAさんしか手出しできないにしても、

「常識的にこうだろ」とわかる部分や、

Aさんが次の作業に移行しやすいように机の上の環境を整えたりと、

けっこうやることはありました。

 

もしこれをAさんが全部一人でやれば、

5時間ぐらいはかかっていたと思います。

そういう仕事を手伝っていました。

 

手伝っていると、

なんか変な展開になっていきます。

 

「あれも良い?」

「これも良い?」

 

みるみるうちに私の仕事が増えて、

反対にAさんの仕事がなくなっていったのです。

 

「はぁ!?」

 

今回はこのことについて

お話したいと思います。

 

 

人への思いやりは時に、
搾取の的になってしまいます。

 
  • 困ってる人は、助けてあげなきゃいけない。
  • Aさんがしんどい思いしてるんだから、
    私も少しぐらいしんどくたって、頑張らなきゃいけない。
 

この思考って、本質的には次のような心から来ているものなんです。

 
  • 困っている人を助けれる、そんな人間になりたい。
  • みんなのためにできること、その貢献がしたい。
  • みんなと良い雰囲気で仕事したい。
  • 困ってる人が誰ひとり居ない環境にしたい。
  • みんな笑顔で居て欲しい。
 

どれも素晴らしい、道徳教育をよく学んだ成果だと思います。

 

 

それなのに、会社の「悪い人」に接すると、
裏目に出て○○な目に遭うことが増えます。

 
  • 相手に主導権を奪われる
  • 相手の言い分の方が正しく感じる
  • 相手に支配される。
  • 相手に利用される。
 

そういう「心理的な障害」を発生させてくる人は、

明らかに「悪い人」です。

あなたはむしろ、

行儀の良い人、マナーの出来てる人です。

 

 

そりゃ搾取の的になれば、こんなことも思いますよね。

 
  • 偉そうにされた
  • 相手より「下」にされた
  • バカにされたと感じる
  • 軽く見られてる気がする
  • 雑に扱われる
  • 僕の頑張りが認められない
  • 相手をやっつけたい
  • 他人と衝突するのが恐い
  • 僕が変なのかも知れない(こんなこと思うなんて・・・)
 

でもね。

 

忙しいからって、オレを振り回すな!

それ、お前がラクしたいだけじゃないか!

 

しかも、何?

オレが手伝っても大して感謝しないのに、

別の人がちょっと手伝ったら大げさなくらい大きな声で、

びっくりしたように大きなリアクションで顔の表情作りながら、

その人に感謝の気持ちを伝えてる。

 

・・・え?

 

オレの方がしんどい部分を手伝ったやん・・・。

それやのに、オレにはそんだけ?

そいつには、そんなにも?

 

ちょっと、おかしくないか?

 

と思いましたので、

次から次から仕事を頼んでくるAさんに、

 

「それ、どっちか自分でやって下さいよ!」

「手伝うとは言いましたけど、
えらいアレもコレもと言い過ぎじゃないですか!?」

「そんなに言うほど、(他に仕事)何があるんですか?」

 

と言いました。

 

するとAさんは、

「え、あ、あぁ・・・そうだね。

い、いいや。自分でやる。ありがとう」

と言い、引き下がりました。

 

私からしたら、

『やっと「自分でやる」って言った・・・』

という気持ちです。

 
  • 「他人に勝ちたい、世の中に後れをとりたくない」ためにやること。
  • 「社会的に認められたい」ためにやること。
 

を、次のパートで語りますが、まずここでは、

話を聞くための姿勢を正してください。私の話に集中してください。

 

今までのあなたの体験や予備知識を取っ払って、

いちどゼロに戻すのです。

 

知っていても実践できない。

それは「知らない」ことと同じであり、

すごくもったいないことですから。

 

私は今までに、いじめも経験しています。

悲しみ、孤立、踏みにじられ・・・。その年数は20年以上です。

その経験から確かなことを、話していきます。

 

 

生き直すための計画

 

まず根本的に、

嫌がらせしてくる人とは別の世界に行くことです。

同じ世界でその人をやっつけようとすると、

あなたも同じ人種になってしまいます。

 

「あんなヤツにはなりたくないな」と、悪い見本にしていたその人に

『成り下がって』しまいます。

 

これは絶対に避けないといけません。

 

いわゆる「悪い人」というのは、

あなたを支配することで

自分が優位であることを確認したいのですから。

 

そりゃ、やり返してもやり返しても、

またやってきます。

 

「そんなハズはない。俺の方が上だ」と、

何度もテストしてくるのです。実力差を。

 

そういう人たちがいる世界で一生を終えたいのなら、

泥沼になりながらその人たちと闘うのも

ひとつの選択肢ではあります。

 

ですが、

あなたの望んでいるのはそんな世界じゃないからこそ、

悩んでいるはずです。

 

住む世界を変える方法については、

私のメールマガジンの中で詳しくお伝えしていますので

メールマガジンの登録をクリックしてください。

 

撮れる機会が少ない特別な音声を、

期間限定で無料プレゼントしています。

 

 

今、あなたの前には2つの道があります。

 

今あなたの目の前には、失敗ルートと成功ルート、
2つの道があります。

 

1つは、

何の変化も起こさず、今まで通りの思考、

今まで通りの時間の使い方で過ごすこと。

 

理不尽な出来事が起こった時だけ感情的に反応し、

一時だけ「うわぁっ!」となって、

事態が収まれば何事も無かったかのように、

またいつもの日々に戻るだけ。

 

出来事に反応するだけ。何の計画も無い、受け身な生き方。

 

そういう生き方が1つ。

 

 

もう1つは、

今、自分に何が起こっているのかを把握して、

「じゃあ、今から何ができるのか」を主体的に考えて実行にうつす。

そうやって最後には、根本的な成功を手にする生き方。

 

さぁ。

あなたは、どっちを選びますか?

メールマガジンの登録はこちら。

 

 

追伸:

あなたが優秀であるかぎり、嫉妬は必ず、あります。

 

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ