「○○した方がいいかもね」で、こっちに仕事させてくる嫌なヤツ

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓


 

小田 義洋です。

 

こんな人、いませんか?

 

「○○した方が、いいかもね」

と言って、あなたに仕事をさせてくる人。

自分でやるんじゃなくて。

 

これって・・・

 

自分がやるのが嫌なだけでしょ?

 

自分がやって失敗して、責任取りたくない?

まぁそういうことも、あるでしょうね。

というか、それがズバリ。

 

 

これって、プライドの問題ですよね。

 

「いいかもね」じゃないんですよ。

人にやって欲しいんだったら、
「やってくれる?」ってお願いしなきゃいけない。

 

それが嫌だから、
人に頼むのが嫌だから「いいかもね」ってなってるのが
見え見えです。

 

これって、プライドの問題ですよね。

失敗したくない。

かといって、素直に頼めない。自分のプライドは保ちたい。

その結果、考え出されたのが「いいかもね」です。

 

 

一生懸命努力してる人の時間とエネルギーを、
何だと思ってるんだ。

 

こんなことで、人の心が動くと思ってるんでしょうかね。

 

そんな軽い言葉で、誰がお前の思い通りになるか。

 

そう思われても不思議はありません。

 

自分の「上から目線」はキープしておきながら、
失敗は避けて、
なおかつラクな方を選ぶ。

 

失敗するとしたら、それは「自分以外の誰か」。

だから何かあっても自分の責任にはならない。

しかも仕事の手柄は自分のもの。上司だから。

 

人の時間とエネルギーを安く見積もり過ぎです。

 

自分がやるのがしんどいから、人に頼むんでしょう?

 

だったら、

「頼まれた側も、それをやるのはしんどい」

ということをわかっておかなければなりません。

 

自分の「ラク」のために、
人の時間とエネルギーを横取りしてはいけません。

 

 

追伸:

私が何かをお願いする時は、相手の感情を満たせる会話をしたいです。

 

 

読んで下さった後にクリックして頂けると嬉しいです^^
↓ ↓ ↓

記事の内容は気に入って頂けましたでしょうか?

もしこの記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。
下記のボタンを押して、共有をお願い致します。



頂くあなたのコメントは、私が全部読みます。
公開されたくないコメントは「お問い合わせ」から送信して下さい。

サブコンテンツ

RSS登録をお願いします

タグ and カテゴリー

このページの先頭へ